集中力が高まる方法 テレワークが効率アップ

コロナの影響で、テレワークやリモートワークになったけど

など、気が散ってしまい仕事が思うように進まないことありますよね。

そこで集中して仕事を進める方法や集中力を高め思うように仕事を進める方法などを紹介します。

集中出来ない原因

環境

集中して仕事を進めるのに大切になるのが、環境。

集中できる良い環境で仕事をしたいものです。

  • 机の上に物がたくさん置いてある。
  • 会社からメールや電話が来る
  • 周りの話し声や音が気になる

自宅では会社と違い、仕事の妨げになる場面が多く、集中して進めることが難しいということがあるでしょう。

また、会社とは違い好きな時間に仕事をして、たくさんの仕事を一度にしようとしてませんか。

または、仕事の資料を集めたり、会社に電話をかけたり、ちょっと気になることがあると別の仕事を始めるなどしていませんか。

一見、たくさんの仕事を一度のこなして効率が良さそうに見えますが、この状態をマルチタスクといい、マルチタスクになると集中力が低下して効率が良い仕事が出来ません。

体調不良

体調が悪いと、当然ながら仕事に集中出来ません、ストレスや悩み事などあるとそのことばかり考えて、気分も落ち込んでしまうので時間ばかり過ぎて仕事が進みません。

睡眠不足も原因の一つです。仕事をする時間が自由なので深夜まで仕事をしたり、考え事をして寝れなくなり睡眠時間が短くなり、睡眠不足なることも集中力が低下し効率が悪くなる原因になります。

また、家に居るとついお菓子やちょっとした物を食べてしまい、きちんとした食事を取らず、忙しいと水分も取らずに仕事をしてしまうなど、栄養不足も集中力を低下させてしまいます。

集中出来る時間

集中して仕事をするには限界があります。休憩しないで仕事をすると、効率も落ちますしストレスの原因にもなります。

よく、長時間仕事をしていると「あー」って背伸びみたいなことしたくなりますよね、あの動作は体が疲れているのでは無く、脳が疲れたと言うサインです。

脳は、休憩をとることで回復しますが長時間仕事をして休憩するより、こまめに休憩を取ったほううが回復力が断然良いのです。

集中力を高める方法

睡眠時間

睡眠研究の第一人者Daniel Kripke教授によれば、すべての人に言えることでは無いが人間のベストな睡眠時間は6時間半から7時間半の睡眠を取るのが、もっとも長生きで幸福度も高く、最大の生産性を発揮するそうです。

人は誰でも、集中力を失います。その時、十分睡眠していれば、すぐに回復しますが、睡眠不足だと集中力は回復しないのです。

睡眠不足で仕事のパフォーマンスが低下しても、本人も気付かない点があります。

一見いつもどうり仕事をこなしているように思えますが、集中力の回復が低下しているので脳の回復が出来ていないまま仕事を再開することによって、重大なミスなどをする可能性が高くなります。

環境整理

静かな、集中しやすい場所をさがし、机の上は整理整頓はしましょう。仕事に必要な物はすぐに取り出せる場所に置き、不要な物は目に付かない場所に置くようにしましょう。とくに、スマホや雑誌など目に付くとつい手に取ってしまう物は、出来るだけ目に付かない場所に置いてください。

仕事をする際は、体感でほんの少しだけ低めの温度になるように、室内温度を設定してみてください。

「ぼー」っとなりにくく、集中力が持続するので仕事の効率がアップします。

集中力アップには、室内温度は低めが良いということですが、冷えすぎると集中力低下の原因になってしまうので気を付けてください。

室内の明るさも集中力アップと関係しているということなので、昼間仕事をする際も必要であれば照明を付け、デスクライトなども使用したりして明るさを調整して見ましょう。

時間の管理

集中する時間には限界があるそうです。ある精神科医によると人間が集中していられる時間は、15分・45分・90分の法則があるそうです。

深く集中していられるのは15分。テレビも15分おきぐらいにCMが入りますよね。

子供が集中していられるのは45分なので。

なので、学校の授業が45分前後。

そして、最後に45分の倍の90分です。90分は集中出来る限界の時間です。

仕事をする際は、45分前後に一度休憩をするようにし、15分に一度ちょっと一息15分×3のリズムをこころがけ仕事を進めるようにしましょう。

集中力を高める食べ物やサプリ

集中力が高まる効果が期待できる身近な食べ物を紹介します。

1 ぶどう糖:脳のエネルギー補給

ブドウ糖は脳のエネルギーとなる重要な物質です、不足すると疲労感が増したり、集中力が減退したりするとされています。

ラムネやバナナなどがブドウ糖を多く含む食べ物です。

2 ビタミンB群:脳のエネルギー補給をサポート

ブドウ糖を脳のエネルギーとしてしっかり活用し集中力を保つためには、ビタミンB群の存在が不可欠だといえます。

豚肉、ヒレ肉、レバー、ニンニクなどにビタミンB群が多く含まれています。

3 カフェイン:眠気覚まし

集中力が途切れて休憩を取る時や眠気覚ましにカフェインが含まれる飲み物を飲むと頭がスッキリして作業に集中出来るでしょう。

コーヒー・紅茶などに含まれます。ただし、過剰な摂取は中毒を引き起こすことがあるので注意しましょう。

一日の最大摂取量は、コーヒーでマグカップ2杯半、紅茶は10杯程度です。

4 フラバノール:ストレス軽減、認知機能改善

カカオを原料とするチョコレートには、フラバノールが含まれています。また、チョコレートには糖質も含まれているので脳のエネルギー補給にもなります。カカオを原料とするココアを飲むこともいいと思います。

休憩時や仕事始めに手軽に摂取出来ますよね。

5 チロシン:精神安定、やる気を起こす

チロシンは、神経伝達物質「ノルアドレナリン」の合成に必要です。ノルアドレナリンは精神を安定させたり、やる気を起こすはたらききがある神経伝達物質の一つです。ナッツ類などに多く含まれます。

やる気を起こしたり、心を安定させる働きがあるのでしっかり取っておきたいですね。

6 DHA、EPA:認知機能の低下を予防

DHA,EPAは、認知機能の一部である記憶力、理解、判断などに効果があると期待されています。

DHAは脳を構成する脂質の一つです。

DHA,EPAを多く含む食品は、青魚(さば、まぐろ、ぶり)などに含まれます。

仕事の効率アップに積極的に取りたいですね。

呼吸法

集中力をアップさせるのに腹式呼吸法も効果的です。腹式呼吸は、息を吐く時お腹をへこませ、息を吸う時お腹を膨らます方法です。

やり方は簡単で、6秒くらいかけてゆっくりと息を吐き、3秒くらいかけてゆっくりと息を吸うという呼吸法です。この腹式呼吸を繰り返し行うと脳にセロトニンが分泌され、α波がでます。

それによって精神が安定し、神経を集中させられます。

タスク管理

タスク管理の目的はひとつの作業に集中すること、多くの仕事をこなすテクニックではありません。

仕事を進めていると、電話がかかって来て急な仕事が入って来たり、メールをチェックしたところ返信しなければならないメールのやり取りがあったりと複数の仕事を同時に作業することがあると思います。

複数の仕事を同時にこなし一見効率良く作業しているように見えますが、頭の中で「あれもやらなくては」「これを先に終わらせなくては」と作業していることと同時に作業順序も考えていて作業しているので作業に集中出来ず、ちょっとしたミスをしたりして集中力が下がり作業効率が悪くなります。

タスク管理とは、やらなけれならない仕事をノートなどに書き出し整理し、一つの仕事に集中して出来るようにして、作業効率を高めることです。

シャキッとした毎日を過ごしたいあなたに!プラズマローゲンBOOCSスペシャル

まとめ

今回は、すぐに実践出来る集中力を高める方法を紹介しました。ちょっとしたことが原因で集中力は落ちてしまいます。

集中力がなくなる原因や高める方法がわかることで、自分なりの工夫や対策を考え効率の良い仕事が出来るように実践して見てください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました