電動キックボードおすすめ10選。人気メーカーや公道OKモデル

最近、よく街で見かけるようになった電動キックボード。

手軽で便利そうだし、移動手段として購入を検討されている人もいますよね。

今回は、電動キックボードで公道走行するための基本的ルールや

購入する時に選ぶポイントについて解説したいと思います。

公道走行するには?

電動キックボードで公道走行するには、いくつかの条件があります。

現在の法律では?

ニュースなどでは法改正が騒がれていますが、2021年10月現在の法律では、

道路交通法上、電動キックボードは原付一種や原付二種、

パワーの大きいものでは中型バイクに分類されます。

電動キックボードはエンジンでは無くモーターで動くので、

モーターの出力でそれぞれ分類されます。

また、公道走行するには電動キックボードにウィンカーやライトなどの

保安部品が付いていなければ走行はできません。

免許は必要?

それぞれに適応した運転免許証が必要です。

エンジン ~50cc 51cc~125cc 126cc~
モーター ~600w 601w~1000w 1001w~
免許 原付一種 原付2種 中型

現在販売されている電動キックボードは、ほとんどがモーター出力600w以下で

原付免許で運転出来ます。

ヘルメットは?

電動キックボードは、上記で解説したようにバイク扱いなので、

ヘルメットは着用が義務付けられています。

また、車道のみ走行可能で、歩道や自転車専用道路は走行出来ません。

お巡りさんに捕まると罰則されます。

電動キックボードのヘルメットは、よろしければこちらを参考に

ナンバー登録は?

公道走行をするのであれば、ナンバープレートを登録する必要があります。

登録するには、保安部品が付いた電動キックボードで、

販売証明書(譲渡証明書)または、廃車証明書があれば登録することが出来ます。

よろしければ、下記の参考にどうぞ

保険は?

電動キックボードで公道走行するのであれば、ナンバープレートを登録して

自賠責保険に加入しなければなりません。

お巡りさんに捕まると罰則されます。

違反した場合は、「1年以下の懲役または、50万円以下の罰金」

また、道路交通法違反の点数が6点となり、ただちに免許停止処分

自賠責保険は、他人に対する保険で、

事故が原因の自分のケガや壊した物、壊れた自分の電動キックボードは

保障してくれません。

任意保険に加入することをオススメします。

保険に関しては、下記を参考にしてみてください。

電動キックボードを選ぶ時のポイント

電動キックボードは2万円台から数十万円のモデルまで、多くの車両が販売されています。

そのなかで、自分の使用目的に合ったモデルを探せるように、次の7つのポイントに注意して選んではいかがでしょうか。

バッテリーが脱着できるタイプ

バッテリーの充電は、毎日あるいは数日に一度欠かせませんよね。

充電はコンセントがあれば出来るのですが、保管したい場所に都合よくあればよいのですが、そうとも限りません。

特にアパート暮らしの人や外で保管を考えてる人は、以外にコンセントが都合よくありません。

アパート暮らしで部屋で保管を考えてる人は、狭いスペースで保管場所も限られるので、コンセントの近くに保管出来なければ、電源を取る方法を考えなければなりません。

また、外での保管は特にコンセントがありませんよね。

バッテリーが脱着できるタイプであれば、バッテリーを外して充電できるので、便利ですよね。

重量

公道走行可能な電動キックボードの重量は軽いものは7.5kgほど、 重いものになると40kgほどもあり、公道走行可能な電動キックボードの場合、保安部品装備、航続距離やパワーの問題でバッテリーが大きくなり重量が12kg以上の物が大半です

折りたたんで手軽に持ち運びできるのが電動キックボードの利点ですが、バッテリーの容量や走行性能を考えショックアブソーバーが付いてるタイプを選ぶと、どうしても重量が重くなりがちです。

ですが重量が重いとメリットもあり、バイクと同じで重量が重いほど走行は安定します

持ち運ぶ時や走行性能をトータル的に考えると10kg~15kgぐらいのタイプを選ぶとよいと思いますが、自分のライフスタイルにあった物を選ぶことが一番良いと思います。

たとえば、公共機関に持ち込むことが多い人は重くても15kgぐらいまで、持ち運びをそれほどしない人は、15kg以上のタイプを選ぶとよいでしょう。

公共機関への持ち込みは、大きさや重量制限などのルールがありますので、各公共機関に確認すると良いでしょう。

公共機関への持ち込みは下記でも解説しています、参考にして見てください。

耐荷重

見落としがちなのが耐荷重。

電動キックボードの耐荷重は100kg前後のものが多いですが、

なかには50kg~60kgなどのタイプもありますので注意しましょう。

耐荷重は、自分の体重+荷物の重さで選ぶとよいでしょう。 

航続距離

航続距離は短いより長い方が良いですよね。

航続距離が長いバッテリーで短距離での使用をすると、毎日充電する必要がないにで充電回数も減り、バッテリーの寿命を延ばすことにもなります。

その反面、傾向として航続距離が長くなるとバッテリーが大きく重くなり、電動キックボード本体が重くなるので持ち運びが大変になりますよね。

走行中バッテリーがなくなってしまっては、ただの荷物、航続距離は十分余裕がある車種を選びましょう。

ブレーキ

電動キックボードのブレーキには、大きく分けてハンドブレーキ・フットブレーキの2種類がありますが、ハンドブレーキが搭載されたキックボードを選ぶのがおすすめです。

フットブレーキは、後輪のカバーを足で踏むことでブレーキをかけるタイプ。ハンドブレーキにくらべブレーキがあまり効かず、慣れていないとバランスを崩し転倒の危険もあります。

一方ハンドブレーキであれば自転車と同じような感覚で使うことができ、しっかりと止まることが

できますので、安全で初めてでも扱いやすいといえます。

ブレーキは前後ハンドブレーキで、ディスク式かドラム式を採用しているタイプをオススメします。

ブレーキについては、下記でも解説していますので参考にしてみてください。

タイヤのタイプ

電動キックボードの走行に大きく影響してくるのがタイヤ。

街中の路面は意外とデコボコしています。

タイヤは大きいほど路面の影響を受けにくく、走行性能が良いと言えます。

また、タイヤは大きく分けて2種類のタイプがあります。

メリットデメリット
硬いタイプパンクの心配が無い
抵抗が無く、スピードが出やすい
路面のデコボコをひろい振動する
エアータイプ路面のデコボコを吸収する
パンクの心配がある
抵抗があり、スピードが出にくい

タイヤ以外にも走行性能を安定させるサスペンション機能がついているものがあります。
大半は、前後にバネのサスペンションが装備され、路面のデコボコを吸収します。
街乗りなら、エアタイヤにサスペンションを搭載したものをおすすめします。。

最高速度

最高速度は40~50km/hぐらいでるタイプがオススメです。

電動キックボードは原付扱いなので、法定速度は30km/h。最高速度がそれ以上出ても無意味では?と思う人もいるかもしれない。

だが原付に乗った人であればわかると思うが、道路の左端に駐車されたクルマをかわす、といったシーンでは瞬間的に大きなパワーが必要とされ、そのような際にはこのムダにも見えるパワーが安全性を高めてくれる。また、坂道で大きくスピードが落ち込むことも少なくなります。

車種によっては、最高速度を3段階に切り替えできるタイプもあり、好みのスピードに切り替えて走行するとアクセルの調節をしなくてもよく便利ですのでオススメです。

電動キックボード10選

COSWHEEL EV Scooter  価格 126.500円

スマートキーで防犯機能付きで駐車時も安心

出典 Amazon
バッテリー脱着不可
重量24.8kg
耐荷重100kg
航続距離35km
ブレーキ前後ハンドレバー式
ディスクブレーキ
タイヤサスペンション付き
10×2.5インチ
エアーレスタイヤ
最高速度45km/h
ポイント

・2WAY立ち乗り&座り乗り! ・品質管理、PSEひし形マーク取得済

・スマートキー防犯機能付き    ・ボディーカラー全6色

eXs(エクス)1  価格 54.208円

比較的軽量でちょっとした移動や通勤に最適

出典 customjapan
バッテリー脱着不可
重量16kg
耐荷重120kg
航続距離18~25km
ブレーキ前後ハンドレバー式
ディスクブレーキ
タイヤ前後サスペンション付き
8.5インチ
エアーレスタイヤ
最高速度25km/h
ポイント

・低価格で充実装備、前後サスペンションや前後ディスクブレーキ

・2段階切り替え走行モード搭載 ・6ヶ月保証

eXs2(エクス)2 価格 87,846円

大型ブロックタイヤでオフロード走行が楽しめる

出典 customjapan
バッテリー脱着不可
重量23.5kg
耐荷重120kg
航続距離35~40km
ブレーキ前後ハンドレバー式
ディスクブレーキ
タイヤ前後サスペンション付き
エアータイヤ
最高速度35km/h
ポイント

・大径ブロックタイヤでオフロード走行可能 ・500wパワフルモーター

・3段階切り替え走行モード ・23.5kgの重量で安定走行 ・6ヶ月保証

BLAZE EV SCOOTER 価格 152,000円

トロリー付きで、ちょっとした持ち運びは楽ちん

出典 BLAZE
バッテリー脱着不可
重量24.8kg
耐荷重120kg
航続距離35km
ブレーキ前後ハンドレバー式
ディスクブレーキ
タイヤ 前後サスペンション付き
エアータイヤ
最高速度30km/h
ポイント

・ 2WAY立ち乗り&座り乗り!  ・車体下のローラーで持ち運びもラクラク

・カラーは4色  ・3モード走行

 E-KON グランデ2.0  価格96,690円

走行性能、コスパの良さでおすすめの一台

出典 yahooショッピング
バッテリー脱着不可
重量20kg
耐荷重約120kg
航続距離約35kg
ブレーキ前後ハンドレバー式
ディスクブレーキ
タイヤ前後サスペンション付き
10インチ エアタイヤ
最高速度38km/h

ポイント

・設計、開発、改良を自社で行う、国内共同会社なので品質やアフターフォローも安心

・10インチタイヤ採用で安定走行 ・コストパフォーマンスが良い

電動キックボード 公道仕様 E-KON グランデ2.0 保安部品標準装備 350W 10A

 E-KON グランデ PLUS 価格116,600円

出力500wのパワフルモーター坂道もラクラク

出典 ヤフーショッピング
バッテリー脱着不可
重量22.5kg
耐荷重約120kg
航続距離約50km
ブレーキ前後ハンドレバー式
ディスクブレーキ
タイヤ前後サスペンション式
10インチ エアタイヤ
最高速度38km/h
ポイント

・設計、開発、改良を自社で行う、国内共同会社なので品質やアフターフォローも安心

・10インチタイヤ採用で安定走行

・500wのパワフルモーター   ・航続距離、満足の50km

電動キックボード 公道仕様 E-KON グランデプラス 保安部品標準装備 500W20A

SWALLOW ZERO9  価格129,800円

クラス最高の定格出力600Wの高トルクモーター624Whの大容量バッテリー

出典SWALLOWhttps://swallow-scooter.com/products/zero9
バッテリー脱着不可
重量19.6kg
耐荷重100kg
航続距離約40km
ブレーキ前後ハンドレバー式
ディスクブレーキ
タイヤ前後サスペンション付き
9インチ エアタイヤ
最高速度40km/h
ポイント

・最高速度40km・最高航続距離40kmと基本走行性能

・オプション多数(持ち運び時、便利なフロントキャスターや盗難も安心イモビライザー

・多くの検査をクリアした品質(80ヶ所以上の点検を2名の技術スタッフで行ってる)

SWALLOW ZERO10X  価格279,000円

出力1000wで原付二種として登録可能なハイスペック電動キックボード、二段階右折不要

出典 SWALLOWhttps://swallow-scooter.com/products/zero10x

バッテリー脱着不可
重量35kg
耐荷重120kg
航続距離デュアルモード30km
シングルモード60km
ブレーキ前後ハンドレバー式
ディスクブレーキ
タイヤ前後スプリング&油圧式
10インチ エアタイヤ
最高速度50km/h
ポイント

・モーターを道路状況に合わせてシングル・デュアルモーターモードの切り替えが可能

・前後共にスプリングと油圧式になったサスペンションにより安定走行性能、アウトドアでも活躍

・モーター出力600w×2のハイパワー

注意! モーター出力が600wを超える為、原付二種登録になります。

X-TRACK S1 価格110,000円

クラス最高の600w、コストパフォーマンスに優れたモデル

出典 楽天市場
バッテリー脱着不可
重量21kg
耐荷重150kg
航続距離25~40km
ブレーキ前後ハンドレバー式
ディスクブレーキ+
電子ブレーキ
タイヤフロントサスペンション付き
10インチ エアタイヤ
最高速度42km/h
ポイント

・クラス最高の600w、最高速度42km/h

・通常使用による故障は3ヶ月間、無償修理

・余裕の耐荷重150kg

XTRACK-S1 600W 48V 10Ah【最高速度42km/h電動スクーター】【原付1種取得可能】 電動キックボード

Segway-Ninebot J-MAX  価格176,000円

・セグウェイ発の公道走行可能な電動キックスクーター

出典 Amazon
バッテリー脱着不可
重量約21,7kg
耐荷重100kg
航続距離65km
ブレーキ前後ハンドレバー式
後輪ディスクブレーキ
タイヤ10インチ エアタイヤ
自己修復機能付き
最高速度25km/h
ポイント

・パンクに強いタイヤ(6mm以下のクギ等であれば自己修復ゲルがパンクを防ぐ)

・航続距離65kmなので、短距離使用であれば充電回数を減らせバッテリー寿命伸ばせる

・スマホに接続する事で、走行データや残航続可能距離、走行ルートの確認も可能

関連記事

:公道以外で楽しむ電動キックボード:

:ナンバーの登録方法は?:

:公共機関の持ち込みは?:



コメント

タイトルとURLをコピーしました