自分の将来は進みながら決める。20代で知りたかった50代の自分

50歳になって、今までの人生を振り返ると20代とは、何事にも挑戦し、いろんな体験をして、自分がこれからどんな道を進んでいくか、20代の経験の中で少しずつ進みながら決めて行くのが20代でやるべき事だと思う。

20代で夢をあきらめるのは、早すぎる。

20代は、夢をかなえるスタート地点、スタートしたばかりであきらめるのは100%後悔します。

小さい頃、将来の夢を聞かれると、素直に答えられました。

ですが、成長するにつれて現実が分かって来て自分が思い描いていた夢は「無理」そんなふうに思うようになります。

特に20代になると、家族から離れてアパートで一人暮らしをしている人は、毎月かかる生活費を稼ぐ為に、「自分の将来」などと夢のような事を言っていたら生活出来ない、自分の実力では将来の夢なんて、叶えられっこない。

そんなふうに思って、やりたい事や夢を捨てた人が居ると思います。

それは、大きな後悔になります。

まずは、全力で実行する。

とにかく行動しなければ、何も分からないし、何も生まれない。

失敗を恐れずに行動して、そして初めて考える。

何にでも活用出来るPDCAサイクル

PDCAサイクルとは、Plan(計画)・Do(実行)・Check(評価)・Action(改善)を繰り返すことによって、生産管理や品質管理などの管理業務を継続的に改善していく手法。

ですがPDCAは、やりたい事や夢を実行する時にも活用出来ると思います。

例えば、自分のやりたい事や夢の為に大きく計画を立てるのでは無く、月や週単位でPDCAを考える。

Plan(計画) 今月の目標を考える

Do(実行)行動する

Check(評価) 一か月やってみての評価

Action(改善) 次の月の目標を改善しながら考える

PDCAプランに当てはめ、少しずつやりたい事や夢に近ずいて行く。

何の行動をする時も活用出来ると思います。

人生設計は大事、年代別の考え方

自分の人生を考える時、年代別に大きく分けて考えると分かりやすいと思います。

20代 

遊び、仕事、私生活、何事にも全力で行動し失敗を恐れず、やれたい事や夢に向かって進む。

経済面は、取り合えず生活出来ていれば良いかと。

出来れば貯蓄をしときたいが、やりたい事や夢を優先に。

30代

30代前半までに進むべき道を決めて、決めた事に一生懸命取り組み成長させる。

40代

何事にも安定期、日々の仕事や私生活などを送りながら、いろんな事を楽しむ時期。

50代

50代半ばぐらいから、60代の第二の人生を送る自分の準備をする。

60代は第二の人生とも言われ、何かを始めるスタートの歳。

そこそこの収入と年金で生活する人が大半だと思います。

そこで、どうせ働くなら第二の人生、好きな仕事、やりたかった事を仕事して生活したいと思う人も少なく無いと思います。

それに向けて、スキルを付けたり準備をする時期。

こんな感じのことをベースに人生設計を考えてもいいと思います。

20代は、全力で進む

50代になって20代の時の自分に教えたい事、

「遊びも仕事も、そして友達付き合いも、すべてにおいて全力で取り組み、楽しい事、悔しい事、つらい事、いろんな経験をし、いろんな思い出を作りながら、これから自分が進むべき人生を決めろ」

と伝えたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました