[電動キックボード・電動自転車]おすすめのヘルメットと注意点

公道で電動キックボードや電動自転車に乗る時は、必ずヘルメットが必要です。

どんなヘルメットがあるの?

選ぶポイントは?

おすすめは?

などと、思う人いませんか?

町で見かける電動キックボードや電動自転車に乗ってる人は、

大半がハーフキャップのヘルメットを被ってます

なぜなら、ハーフキャップヘルメットはコンパクトで持ち運びしやすいからです。

今回は、ヘルメットについて注意点や選ぶポイントを解説したいと思います。

ヘルメットの種類

ヘルメットには、大きく分けて6種類有ります。

フルフェイス顔全体が覆われ最も安全
シールドジェット大型シールドで視界が良い
システムフルフェイスの安全性に
オープンフェイスの解放感
をプラスした
ストリートジェットシールドが無いタイプが多く
脱着しやすく、手軽
オフロードオフロードに特化したタイプ
ハーフキャップ軽くて解放感があり、手軽
画像出典アマゾン

電動キックボード自体が、コンパクト・手軽さ・持ち運びしやすいなどが、メリットな乗り物なのでヘルメットもその辺を重視し、ハーフキャップヘルメットが良いですよね。

安全性と注意点

安全性

ヘルメットを選ぶ際に安全性の目安になるのが「安全規格」です。

目安になるものは、安全基準をクリアしているかどうか。

JAS、SGやCEなどのマークがある、
安全基準適合表示のあるヘルメットを選ぶと良いでしょう。

例えば、代表的なマークで「GSマーク」は、

消費生活用製品の安全性を認証する制度。

製品ごとに基準(SG基準)が定められており、
基準に適合していると認証された製品に対して、SGマークが表示されています。

ハーフキャップヘルメットを使用する時の注意点

ハーフキャップヘルメットは、シールドが付いていないので、

走行中、顔に小さなゴミや虫などが意外にぶつかってきます。

特にそれらが目の中にはいると、非常に危険ですよね。

ヘルメットを使用する時は、ゴーグルやサングラスなどで

目を保護することをおすすめします。

また、口などもマスクを着用すると保護になり良いと思います。

冬は防寒にもなりますよね。

ヘルメットは、万が一の事故の際にヘルメットが外れてしまわないように

適切なサイズの物を選ぶことも大切です。

ハーフヘルメット5選

スタンダードタイプ 価格1391円

スタンダード ツバなしタイプ 価格1855円

ビンテージタイプ 価格3815円

25種類のデザインカラーから選べる

ドイツ風

電動キックボードを購入しようか迷っている方は下記記事をご参考に!

ナンバープレートの登録や保険のことは下記を参考に

コメント

タイトルとURLをコピーしました