断捨離を成功させるコツ!断捨離が人生の目的を叶える

断捨離とは、単にモノを捨てるだけではありません。

かたずけたから断捨離ではなく、人生の目的を叶えるための部屋作りをする事です。

少し前に、物を最小限にしか持たないミニマリストと呼ばれる人達がソーシャルメディアなどで

多くみられ、断捨離という言葉が流行り、流行語大賞候補にも選ばれました。

暮らしの中で無駄だと感じるものは多くあります。

断捨離を行うことで、自分にとって本当に必要なものが見つかりスッキリとした毎日を送れます。

断捨離とはどういう事なのかを知って、自分にとって大切な物を見つけましょう。

断捨離は、ヨガの思想から来ている

断捨離はヨガの講師だった、やましたひでこさんがヨガの哲学を生徒さんに分かってもらう為に、かたずけに落とし込んだのが断捨離の始まりです。

ヨガの教えの中で「断行」「捨行」「離行」という3つがあります。これが断捨離です。

  • 「断」  断つという事

悪い習慣を断つ

本当に必要な物だけを買い、いらない物を断つという事。

  • 「捨」  捨てる事

手の届かない所に捨てる

家にある自分の物で、いらない物は捨てる。

  • 「離」  離れる事

自分とかけ離れたものにする

これはいつか使えそう、何かに使えるかもという執着から離れる事。

断捨離とは、モノでも他人でもなく、住んでいる人が主役の家を作ることです。

そのために今の自分に「必要なモノ」だけを残して、不要なモノを捨てる、自分にとって本当に必要なものを見つけることです。

断捨離を成功させるコツ、効果

まず、本当に必要な物と捨てる物に分けるのですが、捨てて後悔することが頭をよぎり捨てられない人もいると思います。

自分の思考が「片付けたい」より未来の不安に傾いていると言えます。

断捨離の基本的考えは、いつかはこないを認めることです。

断捨離を成功させるコツは、3つ有ります。

  • 節約志向から抜け出す

レジ袋や空き箱などを何かに使うととって置くことは良いのですが、これらは次から次えと入って来て溜まる物、必要な量だけ残して、後は処分しましょう。

  • もったいない、思い出がある

これは捨てるともったいないと思うものがあると思います。しかし、残しておいて使ったことがあるのはほとんどないはずです。

本当に今必要な物か不要な物かを見極めることが大切です。

思い出の品を捨てられなくなっている理由は、過去の思い出に浸ってしまうことです。

物は何でもかんでも捨てれば良いというわけではないので、取っておくことも大切なことです。

迷ってしまった物だけを捨てるようにしましょう。この時に捨てるのではなく、リサイクショップなどに出し、「お金になる、次の人が大切に使ってくれる」などと考え方を変えることも一つの方法です。

  • 収納グッズから捨てる

整理するからと言って収納グッズに入れてしまっては、断捨離の意味がありません。

断捨離は、必要な物と不要な物を見極めて物を減らすこと。

まずは、収納グッズから処分しましょう。

断捨離を意識した生活が出来ると、本当に必要な物だけになり、物が減りますので何かを探すことがなくなり、心と時間に余裕が出来ます。

スッキリとした部屋で過ごすことで、ストレスも無くなり気持ち良い生活が送れます。

まとめ

断捨離の良いところは、家や部屋が片付いてスッキリとすること。これが何よりのメリットだと言えるでしょう。毎日過ごす場所がきれいに片付くことでストレスも減り、家に居る時も気持ちよくなります。不要なものに囲まれて過ごしていると、自分でも気が付かないうちにストレスがたまっていることも。自分に必要なものやお気に入りのものだけに囲まれて過ごすことで、家に居る時間が心地のいい場所になり快適な空間なりますよ。

おいしい生鮮のネットスーパー「perrot(ペロット)」

コメント

タイトルとURLをコピーしました