電動アシスト自転車のバッテリーの寿命は?寿命を延ばす使い方や交換の目安[リッター何km?]

電動アシスト自転車に搭載されているバッテリーには寿命があり、使い方や充電回数などによって寿命の長さは大きく変わってきます。

今回は、バッテリーの寿命を延ばすポイントや交換の目安、交換する時の対応策などについて詳しく解説していきます。

バッテリーの基礎知識

電動アシスト自転車のバッテリーには、2種類のバッテリーが使用されていて、リチュームイオン電池とニッケル水素電池があります。

それぞれに特徴がありますが、電動アシスト自転車のバッテリーは大半がリチュームイオン電池を使用しています。

  • メリット

リチュームイオン電池は、小型で大容量の電力を蓄えることが出来るのが特徴で、寿命も長い。

また、メモリー効果(継ぎ足し充電を繰り返すと性能が低下する現象)が無く、自己放電も少ない。

  • デメリット

充電する時の電圧や電流をきちんと管理しないと危険なため、制御ICなどを必要とし取り扱いが難しいので、その分コストが高くなる。

解説者
解説者

身近な物だと携帯電話やモバイルバッテリーもリチュームイオンを使っている

野助
野助

そう言えば、ちょっと前に「モバイルバッテリーが燃えた」なんてニュースやってたワン。

解説者
解説者

そう、キチンと制御ICなどを使って制御しないと危険なんだよ。

経過時間と充電回数

リチュームイオン電池は一般的に使用期間が3~4年、充電回数が700~900回が交換時期の目安と言われています。このころになると電気容量が50%ぐらいしか回復しなくなります。

また、使用していなくても時間が経てば劣化が進むため注意が必要です。

リチュームイオン電池の特徴だけでなく、使用状況や気温、保管場所などでも寿命が大きく変わってきます。

野助
野助

バッテリーの寿命は、充電しても電気容量が十分回復されない状態。使用期間や充電回数はあくまでも寿命の目安と言うことだワン。

解説者
解説者

充電回数も700~900回と大きく差があるように、使用状況などで変わるからね。

野助
野助

ところで、50%しか充電出来ないとアシストする力も弱くなるのか?ワン

解説者
解説者

電気容量が十分回復しなくても、アシストする力には関係ないよ。

航続距離が短くなるよ。

バッテリーの容量の種類

電動アシスト自転車に搭載されているバッテリーは、電気容量違いで充電時間や航続距離などが違います。

バッテリーの容量充電時間航続距離
(パワーモード時)
1回の充電代
(単価27円/kwh)
バッテリーのみの販売金額
(税込み参考価格)
20.0Ah約8時間約68km約18円51,040円
16.0Ah約6時間約59km約15円45,650円
12.0Ah約4.5時間約44km約11円38,390円
8.0Ah約3.5時間約30km約8円34,650円

上記表は、パナソニックのバッテリーを比較した表になりますが同じ距離を走行する場合では、バッテリーの容量が大きいほうが充電回数が少なくて済みます。

バッテリーの容量が大きいほうが劣化の原因になる充電回数を減らすことができますが、大きくなるほど値段が高く、バッテリーも重くなり自転車自体の総重量も重くなりますので、自転車の使用している時に「重い」と感じる場合があるかもしれません。

野助
野助

電動アシスト自転車は平均19kg前後あるから、できるだけ軽くしたいし、

購入金額もできれば安くおさえたいのだワン。

解説者
解説者

やっぱりそこは、自分の使用にあったバッテリーを選べばいいと思うよ。

解説者
解説者

例えば、、、

一日12kmぐらい使用する人で、3日に1度の充電をすると考えると、

12km✖3日=36km

12Ahのバッテリーで約44km走行できるから十分ですよね。

充電回数も3日に1度で年間約122回なので、充電回数だけで考えると5年以上もつことになります。

野助
野助

ところで、表の「1kmあたりのコスト」ってなんだワン

解説者
解説者

あれ!バッテリー値段と充電コストだけで計算した時の費用。

例えば、20Ahのバッテリーを700回使用した場合

1回の充電18円✖充電回数700回=12,600円

1回の充電の走行距離68km✖充電回数700回=47,600km

バッテリーの値段51,040円+充電コスト12,600円=63,640円

63,640円÷47,600km=1.33円

            1kmあたり1.33円かかる

解説者
解説者

これ、ガゾリンで例えると

ガソリン1Lあたり170円とすると

170円÷1.33円=127.8

つまり1Lで127.8km走ると言うことになるよね。

野助
野助

原付バイクの燃費は平均60km前後だから、

電動アシスト自転車すごいワン!

解説者
解説者

ちょっと余談になってしまったけど、こう考えると経済的だよね。

バッテリーの寿命を延ばす方法

リチュームイオンバッテリーは、使い方や保管の方法などで、寿命が大きく変わってきます。バッテリーを長持ちさせるコツは、バッテリーが劣化する条件をなるべく避けることです。

過放電を避ける

リチュームイオンバッテリーは充電残量が0%に近い状態になると、そこから無理に放電しようとする過放電を起こします。

リチュームイオンバッテリーは過放電に弱く、劣化の原因になります。

また、反対に長時間充電残量を100%にすることも劣化の原因になるので気を付けましょう。

解説者
解説者

しばらく使わない場合は、バッテリー残量を50~80%ほど残した状態で保管し、3ヵ月に一度ぐらいは充電するといいよ。

高温や低温での使用や充電を避ける

リチュームイオンバッテリーは、低温での使用は能力が低下しパワー不足を感じることがあります。

寒い季節は、使用後にバッテリーを取外し室内で保管しましょう。

また、高温での保管も劣化の原因です。

高温になる熱い季節も寒い時同様に室内で保管しましょう。

野助
野助

バッテリーの室内保管は盗難防止にもなるのだワン。

解説者
解説者

そうだね。

それと駐輪場に止める時も、暑い日は出来れば直射日光があたらない場所を選んだほうがいいよ。

充電回数を減らす

バッテリーの充電は、10~100%も70~100%に充電するのも充電回数は1回です。

なるべくバッテリー残量を減らしてから充電するように心掛けましょう。

解説者
解説者

バッテリーの残量はアシスト自転車の液晶パネルでも確認できるし、バッテリー自体にインジケーターが付いているものもあるので確認できるよ。

乗り方もバッテリーを長持ちさせる重要なポイント

野助
野助

バッテリーを長持ちさせる乗り方ってなんだワン

解説者
解説者

バッテリーの消費を節約することで、充電回数を減らすことになるよね。

ポイントは3つ!

・タイヤの空気圧はこまめにチェック

タイヤ空気圧が下がっていると、抵抗が大きくなり走行するのに余計な力が必要になります。

・変速ギアを出来るだけ使おう

変速ギアを使いスピードに応じてギアチェンジすれば、バッテリーの消費を減らすことが出来ます。

・アシストモードは出来るだけECOモードを使う

これも同様、バッテリーの消費を減らすために心掛けましょう。

解説者
解説者

ただ、バッテリーの消費を減らすために大変な思いをするのでは本末転倒、

電動アシスト自転車を買った意味も無くなるよね。

そこは出来るだけ!

バッテリー交換の目安

バッテリーは劣化が徐々に進んで行くと1回の充電で走行できる距離が短くなってきます。「最近短くなったな」と感じたら交換時期が近いと考えていいでしょう。

解説者
解説者

バッテリーの劣化とアシスト力は関係ありません。

「最近アシスト力が弱くなった」と感じたらバッテリーでは無く、故障と考えたほうがいいよ。

最寄りの自転車ショップなどで点検してもらいましょう。

バッテリーによっては自己判断機能がついているものもあります。

これはバッテリー付いているインジケーターで確認することが出来ますので交換の目安にしましょう。

解説者
解説者

主要メーカーのバッテリーは、バッテリー診断機を置いている店舗で劣化状況を診断してもらうこともできるよ

バッテリー交換か?自転車交換か?

自転車本体の寿命は8~10年、バッテリーの寿命は3~4年です。

少なくても1回目はバッテリー交換で対応してもいいですが、2日目以降は自転車本体の状態を見て検討したほうがいいでしょう。

自転車本体の劣化は、前後のタイヤ交換やブレーキ、ワイヤーなどの部品の劣化、モーターユニットの交換となると高額な修理費用がかかります。

購入から8年以上経過している時は、最寄りの自転車ショップなどで点検をしてもらい、バッテリのみ交換するか自転車を買い換えるかは店員さんと相談して判断することをおすすめします。

バッテリー交換の選択肢

バッテリーの交換は、交換するバッテリーの種類により3つの方法にわけられます。

  • 全く同じものに交換
    現在使っているもので問題なければ型番を調べ、同じものと交換する。
  • 代替えバッテリーに交換
    生産終了などで同じものが手に入らない場合は、代替えバッテリーを探してみましょう。同じメーカーで適合するものを選ぶことをおすすめします。
  • 容量の大きなバッテリーに交換
    適合するバッテリーがあれば、電池容量の違うものに交換することもできます。

自転車やバッテリーの型番は、本体や付属の説明書などに記載されており、型番がわかれば、大手メーカーであればホームページにて交換用バッテリー、適合する容量の違うバッテリーを調べられます。

解説者
解説者

適合するバッテリーが見つからない場合は、ショップや各メーカーに問い合わせるといいよ。

バッテリーの処分方法

使用済みバッテリーは、資源ごみ扱いでリサイクルされます。各市町村では「処理困難物」に指定されていて、回収していない市町村がほとんどです。一度、お住まいの地域のゴミ回収情報を確認してみましょう。

  • 自転車販売店に持ち込む

新しいバッテリーを購入した店舗にバッテリーの処分をお願いするとスムーズです。また電動アシスト自転車の取り扱いがあるお店なら、バッテリーの引き取りだけでも対応してくれるので、お店に問い合わせて見ましょう。大半は無料で引き取ってくれると思います。

  • ネットの有料回収サービスを使う

ネットで不要バッテリーの回収サービスを利用する。有料ですが、自分で持っていく手間をかけたくない方には便利です。

  • リサイクル協力店で回収

一般社団法人 JBRCに加盟するバッテリーリサイクル協力店へバッテリー回収の相談をしましょう。

まとめ

電動アシスト自転車のバッテリーの劣化は避けられません、交換となると大きな費用がかかります。長く使用するためにも、劣化の原因になる使い方は出来るだけ避けて使用しましょう。電動アシスト自転車自体は10年近く使うことができるので、少なくとも1~2回はバッテリー交換で、電動アシスト自転車に乗り続けることができます。また、定期的に電動アシスト自転車を点検することで、快適に使用することが出来ますので、定期点検も忘れずにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました