ブレイズスマートEV折りたたみ電動バイクの口コミやレビュー【徹底解析その答えは?】

大手通販サイトで注目ランキング1位を取得したブレイズスマートEV。

ユニークなデザインで、公道走行可能な電動バイクなので街を走ると、ひときは目をひきます。

そして、ブレイズスマートEVの特徴は、5秒で簡単に折りたためる機能と重量18kgと軽量でママチャリとほぼ同じなので、車に積んでお出かけ先で乗ったり、普段ちょっと近くに出かける時などに非常に便利です。

今回は、ブレイズスマートEVの口コミやレビューなどを参考に徹底的に見ていきたいと思います。

ブレイズスマートEVとは?

まずはブレイズスマートEVを動画と共に解説して行きましょう。

動画で商品説明をしているので、まずはご覧見になってください。

そして、スペックは下記のとうりになります。

展開サイズ全長1200mm×ハンドル部650mm×高さ950mm
折りたたみサイズ全長600mm×ハンドル部350mm×高さ1200mm
最大積載量120kg
総重量18kg
充電時間約3.5時間
モーター出力350w
走行可能距離約30km(満充電で測定)
ブレーキ前後ディスクブレーキ
最高速度約30km/h(乗員55kgの場合)

1回の充電で走行可能距離が30kmと一般的な電動バイクの走行可能距離と比較するとちょっと短い距離です。

またブレイズスマートEVは道路交通法上、原付扱いなので最高時速も30km/hと原付の法廷速度と同じなので走行するのには問題はないが、たとえば走行中に路上駐車をしている車を追い越す場合など、瞬間的に加速したい時は不便と感じることもあるかもしれません。

野助
野助

ちょっとスペック的に、ちょっと低いかなワン?

はんぞろ
はんぞろ

ブレイズスマートEVの最大の特徴は、電動バイクでありながら簡単に折りたたんで運べることがメリット。

自転車以上バイク未満、ちょっと使いに適した電動バイクと言えると思うよ。

車で出かけた先で乗りたい、ちょっと近所に行きたい時とかのシーンで活躍するのではないかな。

公道走行するには

ナンバープレート登録と自賠責の加入が必要

電動バイクは、エンジンの代わりであるモーター出力によって区別されます。

ブレイズスマートEVはモーター出力350wでエンジンの50ccと同じ区分となりますので道路交通法上、原付一種(原チャリ)に区分されます。

原付で公道を走行するには、ナンバープレートを登録し、自賠責保険に加入しなければなりません。

野助
野助

ナンバープレート登録と自賠責保険って、どこで手続きできるの?

はんぞろ
はんぞろ

ナンバープレートは最寄りの市町村役場で、

自賠責保険はコンビニなどで手続きできるよ。

ナンバープレート登録は基本的に無料で、自賠責保険は7070円から加入出来ます。

ナンバープレート登録は、販売証明書(譲渡証明書)・印鑑・身分証明書(運転免許証など)が必要です。また、自賠責保険加入はナンバープレート番号・車体番号がわかるもの、保険代が必要になります。

はんぞろ
はんぞろ

詳しいことは、こちらを参考にして見てください。

自賠責保険は、

ナンバープレート登録は、

また、自賠責保険は他人を補償する保険、交通事故が原因の自分のケガや物を破損した時の賠償金などは保障されません。出来れば自分のケガや物を破損した時の賠償金もカバーしておきたいので、任意保険の加入をオススメします。

野助
野助

任意保険って保険料が高いじゃないのワン?

はんぞろ
はんぞろ

任意保険は自保険内容を自分で設定できるから、保険料を安く押さえることもできるよ。あと、家族の誰かが自動車保険に加入している人は安く加入できるファミリーバイク特約をおすすめするよ。

ファミリーバイク特約ついては下記を参考にして見てください。

口コミやレビュー

楽天の口コミは下記の評価でした。

出典:楽天

楽天の口コミでは、星4.29と高評価で、30代~40代の口コミが多いようです。

  • 良い口コミ

40代 女性 ・思った以上に乗りやすくて楽しいです

30代 男性 ・思ってた以上に面白い乗り物でした。いい感じです。

50代 男性 ・軽くてまんま自転車感覚で近所を乗り回すには最適です。

50代 男性 ・すごくいい!原付バイクとしては物足りないが自転車としては超快適!!

       ずっと買おうか悩んでたけど買ってよかった!

30代 女性 ・ホワイトを購入!通勤に使用してます。同じのを持ってる友人と今度ツーリング                       予定です。組み立ても簡単でほんとに買って良かったです。いっぱい乗ります!!

引用:楽天口コミ
  • 悪い口コミ

60代 男性 ・悪い点は、

1.舗装の良い道路以外では、飛び上がる程の振動でハンドルのガタツキも凄い。

2.ヘッドライトのハイ&ローが切り替えられず近くまでしか照らせないので、暗い夜道は怖い。

3.バッテリーの充電メーターが走行中に増減変動して、切れてしまうのではと不安になる。

40代 女性 ・説明書を読みながら雨の日乗れないのを知って急な雨が降る日も乗れないのでちょっと残念に思いましたが基本は車なので晴れた日にちょい乗りで使いたいと思います。

40代 男性 ・折りたたみなのに自立しないところと全く防水性がないので今後の製品改善に期待しています。

引用:楽天口コミ

口コミまとめ

思った以上に乗りやすく自転車感覚で乗れるが、原付バイクとしては物足りない部分があるようです。

また、防水性が無いこと、装備や乗り心地に多少の不満があるようです。

総合的に自転車より遠くに行けて、原付バイクほどではないということではないでしょうか。

はんぞろ
はんぞろ

ブレイズスマートEVは、自転車以上で原チャリ以下。

チョイノリ使いに向いている電動バイクと言えるね。

バッテリーの充電や寿命

ブレイズスマートEVのバッテリーはリチュームイオンバッテリーを使用していて、

スペックは下記の表になります。

充電時間約3.5時間
重量約2.4kg
1回の充電代10円
走行可能距離約30km
充電回数300~400回

リチュームイオンバッテリーは、使い方や保管の仕方などで寿命が大きく変わります。

リチュームイオンバッテリーは、充電残量が0%近くになると無理に放電しようとする過放電になり、バッテリーを劣化させる原因になります。

また、バッテリー残量100%もまた劣化の原因になりますので、電源アダプターをつないだまま残量100%の状態での使用・放置は控えましょう。

リチウムイオンバッテリーの最高許容周囲温度は、約45℃といわれています。高温の環境に置くと、それだけでもまた電池の劣化が進みます。

野助
野助

長く使い続けるためにも、劣化の原因になることは出来るだけ避けるように心掛けた方がいいのだワン。

はんぞろ
はんぞろ

そうだね。

でも、劣化が進み航続距離が短くなり使いずらくなったら、交換時期と考えていいと思うよ。

ブレイズスマートEVは交換用バッテリーも販売しているので、安心だね。

どこで購入できるの?

ブレイズスマートEVは、公式のホームページもしくは全国の代理店で購入出来ます。

また、一部の店舗になりますが、家電量販店(ビックカメラ、コジマ、ヤマダ)でも購入出来ます。

全国代理店で試乗も出来ますが、事前に問い合わせることが必要のようです。

公式ホームページ・代理店検索https://portal.blaze-inc.co.jp/smartev/?gclid=CjwKCAjw6dmSBhBkEiwA_W-EoKycNTy4fumDp3U42O0CLH7nV2wA971QtrggnQgTbKvp5qfZqYTy8xoC1LQQAvD_BwE

大手通販サイト(YAHOO,楽天、アマゾン)でも購入出来ます。

野助
野助

大手通販サイトは送料が取られて高くなるワン?

はんぞろ
はんぞろ

送料無料が大半だから大丈夫だよ。

反対に通販サイトは手軽に購入出来るし、ポイントが付いてお得なのでおすすめだよ。

まとめ

ブレイズスマートEVは、車での出かけ先や近距離の移動に最も便利なアイテムと言えますよね。

運転する際は、運転免許証やヘルメット着用が義務ですが、「絶対に事故をしない」とは言えませんし「自分をケガから守ってくれる」と思えば、ちょっと面倒ですが仕方がありません。

おしゃれなヘルメットも販売されているので参考にしてみてください。

また近年、電動モビリティが注目され電動キックボードの臨床実験などがおこなわれ、2022年4月に推進協議会で議決され国会での閣議決定を待つ道路交通法の法改正では、最高時速20km/h以下のモビリティは「無免許、ヘルメット着用は任意」となるようです。

これを受けて早くも各メーカーが法改正後に対応した電動モビリティを販売しはじめました。そうなると最高時速20km/h以上出るブレイズスマートEVなどの手軽に乗れるタイプの電動バイクは入手困難になる可能性もあるのではないでしょうか。

日本では道路交通法上の問題などで、なかなか普及していかない電動モビリティーですが、ブレイズスマートEVは次世代モビリティーの移動手段として持っていたい便利なアイテムと言えるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました