その場で直る、自転車スプレー式パンク修理剤の仕組みや使い方[使用後のデメリット]

日常的に自転車を使用している人であれば、タイヤのパンク一度は経験したことがあると思います。

自転車のトラブルの中で最も多いトラブルがタイヤのパンクです。

そんなタイヤのパンクを修理する手段で、最近100円ショップでも販売しているパンク修理剤があります。

価格の安く、簡単に修理することが出来そうなので購入しようと思いますが

パンク修理剤って応急処置的なもの?

100円ショップのパンク修理剤って大丈夫?

デメリットってなんですか?

こんなふうに思ったことありませんか。

結論を言うと、パンク修理剤は応急処置的なもので、使った後のデメリットもあります。

また、100円ショップのパンク修理剤についてもクチコミなどを調べてみました。

今回は、パンク修理剤の仕組みや使い方、使った後のデメリットと100円ショップのパンク修理剤について解説したいと思います。

パンク修理剤の仕組みや使い方

パンク修理剤には、内側から直すシーラントタイプ、外側から直すニードルタイプ、自転車用に特化したパッチタイプと3種類あります。このうち、パンク修理剤はシーラントタイプになります。

パンク修理剤(シーラントタイプ)の仕組み

パンク修理剤(シーラントタイプ)は、タイヤ内に空気と特殊な薬剤(細かい繊維と粘りを持つグルコース液)を注入することで、パンクの穴をふさぐもので、自転車専用のパンク修理剤は缶タイプになっており菅の中には薬剤と圧縮空気が入っています。

タイヤに注入すると、薬剤と空気が一気に入りパンクしている穴の部分から薬剤と空気が漏れる際に穴のまわりに薬剤が固化してパンクを直すという仕組みです。

パンク修理剤は、あくまでも応急処置に過ぎないので、これで修理が完了したわけではありません。

出来るだけ早めに本修理をする必要があります。

また、直せる穴の大きさにも限度があり1~2mmの画鋲やクギが刺さった程度の穴までになります。

これ以上大きい穴や裂けてしまっているパンクは修理することは出来ません。

パンクした時にタイヤの中のチューブの状態を確認することはできません。とりあえず、パンク修理剤を注入して様子を見るしかありません。これがパンク修理剤の応急処置的な面でもあり、欠点でもないのでしょうか。

パンク修理剤の使い方

  • 異物確認

パンク修理剤の使い方は、最初にタイヤの表面にパンクの原因になったクギなどの異物が無いか確認し、ある場合は取り除きます。

  • エアー抜き

次に、チューブのエアーを完全に抜きます。修理剤は空気と一緒に注入しますので、修理剤が「少量しか入らない」ということになたないようにするためです。

  • 修理剤注入

空気を入れるバルブが真下にくるようにタイヤを回し、バルブにパンク修理剤を押し当て注入します。

この時、タイヤに空気も一緒に入れますので、しっかり空気が入るまで、押し当てましょう。

  • パンク箇所の確認

パンクしていた場所からエアーが漏れていなければ完了です。

ただし、目視で確認できない漏れやこの後、漏れてくる可能性もありますので、様子を見ながら運転しましょう。

このようにパンク修理剤の使い方は非常に簡単で、パンクした時にその場で対処し直せることが最大のメリットと言えるでしょう。

使用後のデメリット

パンク修理剤で防げるパンクは、1~2mmの穴のパンクです。

しかし、統計ではパンクの原因の多くは空気圧低下によるリム打ちパンクやチューブの破れが原因で、クギなどによるピンホール的なパンクは少ないということです。

大きな穴のパンクにパンク防止剤を使用すると、穴から防止剤が漏れ出しタイヤの内側が防止剤でグチャグチャになってしまいます。

その状態でパンク修理を依頼すると、修理する際に手間がかかるので修理代が高くなったり、チューブとタイヤを交換しなければならない場合のあります。

また、パンク防止剤を注入する時はバルブから注入するのですが、英式バルブではバルブ全部を外せるのでいいのですが、仏式バルブの場合は液体がバルブに付着してしまいゴム状になってしまうので、バルブの開閉や空気の注入に支障がでてチューブ交換になってしまう可能性があります。

場合によっては、修理を断られることもあります。

100円ショップのパンク修理剤

価格は200円前後と「大丈夫」と思いますが、どうやらホームセンターで販売している物と変わりないようです。

ここで注意する点が一つあります、それはバルブ形状の種類です。

自転車のバルブ形状は英式バルブ、米式バルブ、仏式バルブの3種類があり、100円ショップのパンク修理剤は英式バルブに適合する物です。写真を参考にしてください。

出典:lovell

まとめ

パンク防止剤のメリットは、その場で簡単にパンク修理が出来ることですが、直せるパンクは確率的に少ない点と、後で本修理になった場合チューブやタイヤを交換になる可能性もあるので、最終的にコストがかかるという点がデメリットと言えるでしょう。

しかし、低価格で購入出来るので、どんなケースでも対応できるように携帯して置くと良いでしょう。

もう一つの対策として、自転車ロードサービスに加入することをおすすめします。

自転車ロードサービスは、出先での自転車トラブルに対応してくれるサービスです。

パンクをはじめ、事故や故障で自走できなくなった場合に駆けつけて、希望の場所まで搬送してくれます。

義務化となっている自転車保険とセットで、月々300円くらいから加入出来る自転車保険もあるので、これを機会に検討してみてはいかがでしょうか。

自転車保険サイト

CycleCall

読んでほしい記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました