自転車レインコート 買う前に知ってほしいこと [ワークマンのレインウエアと顔が濡れない方法を紹介]

通勤や通学、毎日の移動手段として自転車を利用している人にとって、雨は大敵ですよね。

雨の日でも自転車に乗るために、レインコートは快適で便利なグッズです。

そんなレインコートを「買う」と思っている人に、買う前に知っておいてほしいことがあります。

それはレインコートには、デザインの他に機能性ちがいに防水性や通気性などがあり、

それぞれメリットやデメリットがあります。

また、レインコートを選ぶ時に「顔が濡れない」ということも重要なポイントです。

レインコートを着て、顔が濡れないように傘をさして自転車を運転している人を見かけます。

傘を差しながら自転車を運転すると、視界の妨げや片手運転で運転しにくい、傘が風に煽られてバランスを崩すなど、運転に支障ができ大変危険です。また、傘をさしての片手運転は道路交通法上の違反になります。

雨の日に安全に走行するためにも、レインコートを着て運転することをおすすめします。

今回は、レインコートを買う前に知って欲しいことを解説します。

また、記事後半でワークマンのレインコートも紹介しますので、参考にしてください。

レインコートの種類

自転車で使用するレインコートには、大きく分けて2種類「セパレートタイプ」と「ポンチョタイプ」のがあります。

まずは、この2種類について解説します。

レインコート

セパレートタイプ

出典:アマゾン

セパレートタイプのレインウェアは、アウターとパンツがセットになっているウェアです。

このタイプのウェアは、風の影響を受けにくく、防水性が高いので長時間使用しても濡れにくい、上下に分かれているので動きやすい点が特徴といえます。当然ながらどんな姿勢にも対応してくれるので、シティサイクルだけでなマウンテンバイクやクロスバイク、ロードバイクを含むあらゆる自転車で使用することに向いています。

メリット

・足元が濡れにくい

・漕ぎやすく、動きやすい

・防水性が高い

・防寒対策にもなる

デメリット

・着脱に時間がかかる

・コンパクトに収納できない

・蒸れやすい

・金額が高め

ポンチョタイプ

出典:アマゾン

ポンチョタイプのレインコートは、普段着の上にマントのように上からかぶるように着るので、手軽さが魅力。

また、付属のケースに収納できるものが多く、自転車に乗る際に常備しておけば急な雨にも素早く対応できます。

ポンチョタイプはゆったりした形をしているので、背負ったリュックごとカバーできることもポンチョの特徴です。

また、自転車の前カゴごと覆うことのできるタイプもありますので、前カゴに入れたバッグや荷物を濡らしたくない人には、ポンチョが適しているといえるでしょう。

その一方、膝から下はカバーしきれないので、小雨の時は良いのですが大雨には不向き、気になる人はレインブーツや防水パンツを同時に使用すると膝から下もカバーすることが出来ます。

ポンチョタイプは、小雨や近場に出かける時に使うと便利なアイテムなので、どちらかと言うと簡易的なレインコートと言えるでしょう。

メリット

・着脱が簡単

・コンパクトに持ち運び出来る

・前カゴにもかぶせるタイプがある

・蒸れにくい

デメリット

・膝下をカバー出来ないため、足元が濡れやすい

・風に煽られやすい

チェックしておきたい4つのポイント

レインコートを選ぶ際は、注意すべきポイントが4つあります。

濡れずに快適に走るためにも、確認しておきたいポイントです。

耐水性

レインウェアを選ぶ時は、「雨がどれくらい滲みてこないか」という耐水圧を確認しましょう。
耐水圧とは、生地に雨が滲みてこない最大の水圧を示した数値のことです。
値が大きいほど強い雨に耐えられます。

耐水圧の目安

小雨300mm
中雨2000mm
大雨10000mm
20000mm

一般的な傘の耐水圧は、250mmです。

1時間以内の使用であれば、小雨を防ぐ程度なら5,000mm、大雨の中を走るなら10,000mm以上を目安に選んでみてください。

また、1時間以上の使用の場合は耐水圧20,000mm以上のレインウェアをオススメします。

通気性(透湿性)

雨の日は湿度が高く、レインウエアは風を通さないので自転車を漕いでいると、思った以上に汗をかきレインウエアの中が蒸れます。

こんな経験ありませんか?

「雨は防いだはずなのに、合羽の中がびっしょり濡れてしまった…」という経験がある方は、透湿性のないレインコートを着ていたため、汗で濡れてしまったのです。

レインウエアの中の湿気対策をするには「透湿性」を確認しましょう。

透湿性とは、生地1㎡あたり24時間で何gの水分を透過したかを表す数値で、値が大きいほど蒸れにくくなります。

透湿度
安静時2,000g/㎡/24h
軽い運動5,000g/㎡/24h
激しい運動10,000g/㎡/24h

目安として、蒸れにくいレインコートが欲しい場合は、5,000g~8,000g、絶対に蒸れたくないレインコートが欲しい…!という場合は、10,000g以上のものを選ぶことをおすすめします。

汗のかきかたには個人差があるので、自分にあった値のレインウエアを選ぶとよいでしょう。

顔が濡れない

どんなレインウエアを選んでも、顔は露出しているので多少なりとも濡れてしまいます。

顔に沢山の雨がかかると、目も見ずらく大変危険です。

レインウエアの中には、フードに透明な大きなツバが付いているタイプがあり、

雨が顔にかかることを防ぐことが出来ます。

また、フードは風の抵抗を受けやすいので首元をしめる紐などが付いているレインウエアを選ぶと良いでしょう。

袖や裾が絞れる

袖や裾が広がっていると雨が入ってきて、服が濡れてしまうことがあります。

出来れば袖や裾を絞れるタイプのレインウエアを選ぶことをおすすめします。

また、裾を絞ってあることで車輪やチェーンに巻き込まれることを防ぐことも出来ます。

傘をさしての運転は?

傘をさしての運転は視界をさえぎるほか、傘が風に煽られて不安定な状態での運転になり危険です。また、道交法と都道府県条例で禁止されています。

道交法上に「傘さし運転の禁止」はありませんが、交通の安全を図るため必要と認めた事項(道交法第71条第6号)として都道府県公安委員会が定める規制に委任しています。

そして、多くの都道府県では、傘さし運転はもちろんスマホやイヤホン、ヘッドホンを使用しながらの運転は禁止しています。

傘をさしての運転は大変危険ですので、絶対にしないようにしましょう。

ワークマンのレインウエアは?

作業着でお馴染みのワークマン

元々作業着専門店なので、機能性や動きやすさは問題ないと思います。 

作業する時のみならず、普段着としても使用できるデザインも豊富にあることがワークマンの良さとも言えます。

そして、なんと言ってもコスパ良さ!

他メーカーの同じ性能の物と比べると圧倒的な安さです。

通勤や通学、普段使いには、最も適していると思います。

ワークマンレインウエアおすすめ5選

3レイヤー透湿ストレッチレインスーツ R1300(メンズ・レディース)

出典:楽天
価格6980円
耐水圧20000mm
透湿性3000g/㎡/24h
カラーネイビー/レッド/シルバーグレー
特徴・3層構造生地
・ストレッチ
・反射材付き
・上下組・収納袋付き

3レイヤーとは、三層構造のこと。3層構造なので耐水圧は20000mmと問題ないスペック。

裏地はトリコット、ストレッチ生地で体から出る水蒸気を外に放出、外側は雨や風を内に入れない快適な着心地。

背中が出にくいサイクルカットを採用。
裾幅はボタン調節可能。

雨の中の長時間走行も問題なし!

楽天レビュー!

評価 5.00

以前ゴアテックスの2万以上のものを使っていましたが、破れたためこちらを購入。大雨の日にバイクで高速道路を走行しましたが、濡れることなく快適で遜色なし。バイク専用ではありませんので多少のバタつきはありますが、気になるほどではありません。風を通さないので防風防寒にもおすすめです! 

https://item.rakuten.co.jp/prime-market/work-014/

透湿レインスーツSTRETCH R006(メンズ・レディース)

価格6980円
耐水圧10000mm
透湿性5000g/㎡/24h
カラー・ダークチャコール
・バーガンディレッド
・ライムイエロー
特徴・ファスナー付きポケット
・レインウェア売上ランキング第1位
・カジュアルなデザインだから普段着
 のような感覚で着られます。

FIT STYLEを採用していて細身シルエットに見えます。

防水性・透湿性・伸縮性を兼ね揃えた、全天候型ウエア。

累計販売95万着の人気商品。

伸縮性のよいストレッチ生地なので、動きやすい。

楽天レビュー!

評価 5.00

スリムタイプとありましたが、セーターの上からでも、少しお腹がでている体型でも、苦しくなくかっこよく着れました。ズボンの長さもサイズを測って注文したのでばっちりでした。以前他の店で買ったのが、Lサイズなのに全く長けが足りなくて、こちらの商品とは寸法が5センチくらい違いました。色も力強い赤でおしゃれです。 

https://item.rakuten.co.jp/prime-market/work-001/

 BAG in バッグ イン レインジャケット

出典:楽天
価格5980円
耐水圧10000mm
透湿性5000g/㎡/24h
カラーレッド・カーキ・ブルー
特徴・背中が出にくいサイクルカット
・フードのつばは形状記憶
・バックイン

普段着としても映えるレインジャケット。背中のファスナーを開閉することで、かばんを雨から守ることが出来ます。

フードのつばは形状記憶で形が崩れにくいので顔が濡れず、視界を遮らない。

背中が出にくいサイクルカット、後ろ丈が長く、濡れにくくなっています。

楽天レビュー!

評価 5.00

まず軽さがすごい。生地は薄いのに耐水性も問題ありません。背中のチャックを広げればリュックも上から着ることができるという拡張性もすごい。もう少し丈が長ければ最高です。 

https://item.rakuten.co.jp/prime-market/work-011/

ワークマン レディース レインウェア 高撥水シェルジャケット

出典:アマゾン
価格2980円
耐水圧
透湿性
カラーグレープ・ブラック
ネイビー・カーキ
特徴

・収納袋付きでコンパクトになるので、かばんに入れて持ち運びにも可能。

・高撥水で雨をはじく

ワークマン レディース レインスーツ L001

出典:アマゾン
価格4980円
耐水圧5,000mm
透湿性2,000g/m2/24h
カラーレイクブルー・ロゼ 
フロストグレー
特徴・ロールアップフードで首元すっきり
・ポリエステル100%の 裏メッシュ

・ゆったりとしたセパレートタイプのレインウエア

・とっても動きやすく、曲線を意識した女性らしいシルエット

他にもたくさんのレインウエアが販売されています。

ワークマンオンラインストアで検索してみてください。

あると便利な関連グッズ

自分は濡れなくても、「靴が濡れてしまった」「バックがびちょびちょ」なんてことありますよね。

レインウエアだけでなく、あると便利な小物類も紹介します。

  • デイトナ ライドミット 完全防水グローブ 
出典:楽天

雨の日や寒い冬の日など自転車に乗る人におすすめです。

4mm厚ネオプレン素材のウインターグローブ。

接合面の特殊カットと特殊接着剤により高性能ウェットスーツ並の100%完全防水。

シンプルなデザインが特徴です。

<

/p>
  •  レインバイザー V-002
出典:アマゾン

雨の日の自転車でも顔が濡れず、視界もクリアになるレインバイザー。

UVカット90%で晴れの日の紫外線防止にも使えるので晴雨兼用。

バイザーのツバは上下の角度を大きく調節できるので、雨・風・ホコリ・紫外線などさまざまな障害物から顔を守ることができます

  • シューズカバー
出典:アマゾン

コンパクトに折りたたんできますので、いつでも携帯できます。 突然の雨や雪でもさっと装着でき、大切な靴を守ってくれます。

靴底は丈夫なゴム製で凹凸の柄付いて、濡れた道にも滑りにくくなっています。

厚みのある素材のTPE、耐摩耗性に優れ、何度でも使うことが出来ます。

p>
  • リュックカバー
出典:楽天

小型軽量なので、常にリュックの中に携帯できます。
反射材が付いていますので視認性が悪くなる雨降りの夜間に自分の存在を相手に知らせることができます。

カバーの端はゴム素材ですので、様々なバックパックに被せるだけでFitします。

耐水性の高い耐摩耗性ナイロンで出来ていますのでよく水を弾き、軽くて丈夫です。

まとめ

ポンチョタイプやセパレートタイプをはじめ、さまざまなデザインが販売されているレインコート。

それぞれの特徴をチェックし、自分に合ったモデルを選ぶのがポイントです。

今回の記事を参考に、ぜひ長く愛用できる自転車用レインコートを選んでみてください。

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました