「公道走行可能」 ハイブリット電動自転車折りたたみ式!おすすめ5選

電動化が進む中、自動車をはじめ、バイクや自転車の電動タイプをよく見かけるようになりました。

質問者
質問者

町で目にするのが、電動自転車でペダルを漕がずに坂道などを走って行く自転車。

・あれってなに、どうして漕がずに進むの?

・バイクみたいに走れる自転車、免許いらないの?

・たまにナンバープレートが付いている電動自転車を見かけるけど、どうゆうこと?

あの自転車の正体は、アクセル付きでペダルを漕がなくても進むことが出来るフル電動自転車。

スイッチの切り替えだけでアクセルONでバイクとして乗る事も、ペダルを漕いで電動アシスト自転車として乗る事も出来るモペットやe-baikeと言われるフル電動自転車です。

今回は、e-Bikeの中でも3つの機能を搭載したハイブリット型自転車を解説します。

その3つの機能とは、、、

・折り畳み式  軽量でコンパクトに折りたためる。

・フル電動   モーターの力だけで走行することが可能。

・ペダル付き  ペダル付きで人力で走行可能。

以上のように、コンパクトに折りたため、バイクや自転車とさまざまな乗り方が出来る自転車の紹介です。

フル電動自転車とは?から「公道走行する条件、必要な免許、交通ルール」などについて解説していきます。

フル電動自転車とは?

はんぞろ
はんぞろ

フル電動自転車とは、ペダルを漕がなくてもモーターの力だけで進むことが出来る自転車。

質問者
質問者

電動アシスト自転車とフル電動自転車って何が違うの?

解説者
解説者

電動アシスト自転車とフル電動自転車の違いはね!

電動アシスト自転車は、運転者がペダルを漕ぐ力を補助してくれる機能が付いている自転車で、ペダルを漕ぐとその力をアシストしてくれます。

電動自転車は、ペダルを漕がなくてもモーターの力だけで進むことが出来る自転車なので、アクセルが付いている自転車。

このように電動アシスト自転車とフル電動自転車では、機能がちょっと違うだけですが区分けは「自転車とバイク」とまったく違うものになります。

また、フル電動自転車はバイク扱いなので、原付免許やナンバープレート登録、自賠責の加入が必要です。

また、自転車に必要な保安部品が付いていないと公道走行することが出来ません。

詳しくは、下の記事を参考にしてみてください

ハイブリット電動自転車を選ぶ5つのポイント

ハイブリット電動自転車を選ぶ時に注意する5つのポイントを紹介します。

・公道走行可能か?

・モーター走行可能距離

・重量

・最高速度

・できれば変速ギア付き

はんぞろ
はんぞろ

それでは解説していきます。

公道走行可能か?

フル電動自転車の中にも、公道走行可能なタイプと不可能なタイプがあります。

チェックするポイントは、保安部品が装備されているか?で決まります。

保安部品とは、

  1. 前後の機械式ブレーキ
  2. スピードメーター
  3. ホーン
  4. バックミラー
  5. ヘッドランプ
  6. ウィンカー
  7. ナンバープレート取付板
  8. ブレーキランプ、テールランプ
  9. ナンバープレート灯
  10. リフレクター

ネット販売などでは、「公道走行可能」と表示されているが「公道走行するには別途、ウィンカーが必要」など注意書きがある場合もあるので気を付けましょう。

モーター走行可能距離

フル電動自転車のモーターでの走行可能距離はバッテリーの容量とモーターの出力で変わります。

また、バッテリーやモーターが大きくなるほど価格も上がります。

出来るだけ小さい物を選ぶ事が購入価格を下げる結果になりますが、小さ過ぎて不便になってしまっては使いずらい電動自転車になってしまいます。

普段乗る走行距離や使い方を考えて適した大きさの物を選びましょう。

例えば、平日は週5日1日6km、休日は買い物やツーリングで30kmぐらい走る人であれば、週2度の受電で走行距離が30~50km走ればいいことになります。

バッテリーの正しい使い方は、こちらを参考にしてください。

自転車の重量

コンパクトに折りたたんで運べることも、今回紹介している折りたたみ自転車の魅力です。

ただ、車体が重いと車に載せる時や部屋に持ち込む時など、大変ですよね。

目安として個人差はありますが、男性で27kgぐらい、女性で17kgぐらいが持ち運べる限界の重さ。

はんぞろ
はんぞろ

例えば、盗難防止のために部屋で保管したい人は折りたたんで運ぶことが多くなるので、

運ぶ距離などを考えて選ぶ時に重視したいポイントですよね

電動自転車の盗難は、転売目的のバッテリーの盗難が多いようです。

盗難防止対策については、こちらの記事が人気ですので参考にしてみてください。

最高速度は30km/hぐらい

やっぱり最高速度は速い方が気持ちがいいし、何かを追い越す時スピードが出ると楽に追い越せるなどのメリットがあります。

しかし、折りたたみ自転車は基本的にコンパクトに出来るという機能点から、タイヤサイズが小さい20インチ以下が主流です。

タイヤサイズが20インチ以下で原付バイクとは違い、軽量でショックも付いていない自転車なので、安全に走行するには25~30km/hが走行が安定して運転できる速度です。

タイヤサイズが26インチ前後のクロスバイクの平均速度が15~20km/hで快適に走行できるので、20インチ以下の折りたたみ自転車であればママチャリなどの平均速度と同じ、10~15km/hが快適速度ではないかと思います。

ただ、公道走行可能なフル電動自転車となれば原付の法定最高速度30km/hは出てほしいですよね。

以上のことから最高速度は30km/hが目安になるのではないでしょうか。

できれば変速ギア付き

自転車モードやアシストモードで楽しみたい人は変速ギア付きがおすすめです。

たとえば、

・休日にアシストモードで長距離を走行したい。

・自転車モードで景色を見ながら体力つくりも兼て走行したい。

こんな人は、変速ギアが付いていると走行が楽になるのでオススメです。

ネットで購入する時の注意点

はんぞろ
はんぞろ

よくネット販売を見ていると、こんな商品説明があります。

公道可能 軽量 14イン フル 電動アシスト自転車 最高速度24km/h 坂登25度 250Wモーター 折りたたみ アシスト 電動自転車 自転車 スポーツ 36V8Ah ディスクブレーキ採用 小型 女性も乗れる 軽量 人気 通勤 通学 街乗り 防水機能 最大荷重150kg アシスト/ペダル走行 2つモード切り替え 誕生日

これフル電動自転車ではありません。

「公道可能」と書いてありますので、誤解してしまいますが電動アシスト自転車です。

見分けるポイントは

・写真の確認、バックミラーやウィンカー、テールランプなどの保安部品が付いているか?

・保安部品が付いていない場合は、注意書きなどで保安部品について説明しているか?

公道走行可能なフル電動自転車の条件は、必ず保安部品が装備されていること。

はんぞろ
はんぞろ

原付バイクにバックミラーやウィンカーが付いていないと公道走行出来ませんよね。

公道走行不可のフル電動自転車で、捕まったり事故を起こすとどうなる?

正直、保安部品が付いていない公道走行不可のフル電動自転車であれば、アシスト自転車と見分けがつきません。

でも、捕まるどうなる?

  • 無免許運転:3年以下の懲役もしくは50万円以下の罰金。免許欠格期間最低2年(2年間免許取得ができない)
  • 無保険運転(自賠責保険未加入):1年以下の懲役もしくは、50万円以下の罰金。違反点数6点で3か月の免許停止。
  • 整備不良:罰金5000円、違反点数1点。※ウィンカー、ヘッドライト、ブレーキランプ、ミラー、スピードメーター等が装備されていない場合。
  • ナンバープレート表示義務違反:罰金5000円。違反点数2点。
  • ノーヘルで運転:罰金なし。違反点数1点。
  • 免許不携帯:罰金3000円。違反点数なし。

その他、捕まった際に通行区分違反や信号無視などをしていると罰則の対象になります。

事故をするとどうなる?

自爆事故ならまだしも、物を壊したり相手にケガをされたりした場合、損害賠償請求が発生します。

この場合、当然保険には未加入なので全額自己負担になります。

おすすめ折り畳み式フル電動自転車5選

軽量でコンパクトに収納できる折りたたみ式電動自転車の中でも、総合評価が高く人気のモデル5選を紹介します。

あなたの好みに合った1台を探してみてください。

フル電動自転車 MINAL M6  価格64,800円

この価格で最高時速35km/h、重量18kgコスパの良さが光る一台。

電動アシスト自転車 kaihou SUISUI Street 価格69,800円

安心の国内メーカー、品質の高さで5万台を超える販売実績。

電動アシスト自転車 DASK206 価格65,800円

シマノ製外装6段ギアと240wのモーターを搭載、アシストモードで走行距離50km。

 電動アシスト自転車 Voldy 価格63,781円

低床フレームとおしゃれなカゴ付きでフレームデザインもおしゃれな自転車。

電動アシスト自転車 kaihou SUISUI Fleur 価格64,800円

乗りやすいUフレームと乗るのが楽しみになるおしゃれなカラータイヤ。

電動アシスト自転車 HoldOn Q1J 価格98,880円

アマゾンベストセラー1位、最長100kmの走行可能。

フル電動自転車 SUNPIE 価格128,000円

極太ブロックパターンタイヤで悪路走行可能、750Wパワフルモーターを採用で、最大45度の坂に登れます。

フル電動自転車 MOBI-BIKE 48V 価格67,800円

ちょっと太めなタイヤとフロントサスペンションで乗り心地を快適に、高さ調整可能なハンドルとサドルで乗りやすい姿勢に調節可能。

フル電動自転車 FLYFLSH 価格134,200円

アルミフレームを使用することでがっちりとしたフレームながら重量25kg、太めなタイヤとフロントサスペンション、500wモーターと7段変速機で快適走行。

フル電動自転車 FLYFLSH S14001 価格89,000円

>

バッテリーは取り外しても充電できる2系統充電タイプ。リアにショックアブソーバーを搭載して快適な乗り心地。自転車のバッテリ一を利用して、ハンドル部分にあるUSB電源ボートからスマホなどに電源供給が可能です。

フル電動自転車 FLYFLSH X20 価格145,500円

太いタイヤでインパクトがあるファットタイプ。7段ギアと500wのブラシレスモーターで快適走行、フロントサスペンションで凸凹とした悪路から伝わる振動をカット。

最高速度40km/h、アシストモードでは約100km走行することが出来る。

フル電動自転車 MOTOSTAR 価格69,500円

250wモーターで最高速度25km/h,フル電動モードで航続距離35kmと手軽な一台。バッテリーは2系統の充電ができる脱着式。

フル電動自転車 ZICCO  価格72,999円

7800mAh大容量バッテリー 350Wブラシレスモーターで最高速度48km/h。

スマホホルダーとUSBポート搭載でバッテリーからスマホに充電も可能。

小さいボディながらフロントサスペンションを装備。

電動アシスト自転車 TRANS MOBILLY 価格97,065円

折りたたみ電動アシスト自転車の最軽量わずか約11.3kgで持ち運びラクラク。

最大の特徴はバッテリーが約640gモバイルバッテリーサイズで、脱着はハンドル部分に約1秒で可能なマグネット式。

バッテリーはポケットサイズなのでスマホやタブレットの充電にモバイルバッテリーとしても利用が可能です。

電動アシスト自転車  AiDDE 価格99,980円

AiDDEは日本国内で発売している電動アシスト自転車「A1」をご購入いただいたお客様からのフィードバックをもとに試行錯誤を重ね開発したトータルバランスコストパフォーマンスに優れた日本仕様

回生充電機能搭載で最大走行可能距離80km、たとえば1日10km×週5日=50km乗る人なら週に一度の充電でOK!

重量は軽量の16,8kgで折りたたんでラクラク運べます。

電動アシスト自転車  ENTREX E-BIKE S6 価格121,000円

がっちりとしたフレームでありながら重さ18,8kgなので、持ち運びラクラク。

250wのモーターとリチウムイオンバッテリー36V5.2Ahでパワフルな走りと航続距離50kmを実現。

フル電動自転車の購入後の手続き 

上記で紹介しているフル電動自転車は、モーターのみで走行出来るタイプの自転車なので、道路交通法上車両は第1種原動機付自転車に区分されます。

はんぞろ
はんぞろ

忘れずにナンバーを取得し、自賠責保険に加入しましょう。

ナンバープレート取得は下記で詳しく解説しています。

自賠責保険については、こちらを参考にしてみてください。

まとめ

折り畳み式電動自転車は、近年さまざまなモデルが発表されています。高性能モデルやおしゃれなデザインのタイプなど。

脚力に自信がない方でも力一杯ペダルを漕ぐ必要がなく、急な上り坂でも軽快に走行することができます。

フル電動自転車は、「たまにはバイク感覚を味わい気持ちよく風を切って走りたい」と思った時はフルアシストモードに切り替えれば、ペダルを漕ぐことなく走行できます。

また、アシスト自転車は疲れることなくペダルを漕ぎ続けられるので、自転車に乗ることが楽しくなります。

折りたたみタイプの自転車は、お出かけ先や旅行先でもサイクリングを楽しむことができ、出掛ける際は必ず持ち歩きなくなります。

この機会にあなたにあった1台をえらんで見てはいかがでしょうか

はんぞろ
はんぞろ

よりコンパクトに、公道走行可能な電動キックボードも楽しい乗り物です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました